「強い」オタクを目指すのをやめた話

こんにちは。はくりんです。

最近はSNSなどの流行により、多くの他のオタクを目にする機会が増えました。これには多くの人と繋がりやすくなったという利点がある反面、嫌でも好ましくない意見が目に入ってしまうなどの欠点もあります。

そして、多くの人を目にする機会が増えた以上、他人を意識する機会も増えているのではないかと思います。他人を顧みず自己の上達のみに熱中した、古の「職人型」のオタクは絶滅危惧種となり、我々がオタクを続けていく上で、多かれ少なかれ他のオタクの影響を受けていることを否定することはできないでしょう。

他人を意識する機会が増えることには、主にオタクとしての向上心を持つ方にはメリットも多いですが、場合によっては精神的なストレスに繋がってしまうことも多いと思われます。僕もそのうちの1人で、「オタクとして他人からどう思われているか」、特に「他人から大したことないやつだと思われないか」というのを必要以上に気にするあまり、ストレスをため込んでいたことに最近になってようやく気がつきました。

今回はそんな僕が「強い」オタクを目指すのをやめた話について書いていこうと思います。あくまで僕個人がこうした、というだけの話ですので、他人に同じ考えを強要するものではありません。

 

 1)そもそも「強い」オタクって何だろう

そもそもの話、強いオタクの定義は他人によって違うと思います(括弧付けしたのもそのためです。)。そしてそれには、個人のバイアスがかかっていることは言うまでもありません。例えばの話、沢山課金する人は沢山課金している人が強いオタクだと思うでしょうし、イベントに沢山行く人は、イベントに沢山行く人を強いオタクだと思うでしょう。要するに、強いオタク像は人によって異なるので、明確な定義は無いと思います。

 

2)漠然とした「強い」オタク像をあまりにも真に受けすぎてしまった

僕自身は個別に尊敬する人が何人かいるだけで、こういう属性をもって「この人は「強い」オタクだ」などと考えたことはありませんが、それにもかかわらず他人の「強い」オタク像というものをあまりにも意識しすぎていたことに気がつきました。例えば、オタクとして強くなろうと意識するあまり、あんまり走る気のないイベントを走ってみたり、そこまで行く気のないイベントに行ったりもしました。それで得られたものも無くはありませんが、恐らくその分のお金や時間を自分が本当にやりたいことに使った方が、得られたものは大きかったように思います。また、「強い」オタクになることを目指すあまり、金銭的・体力的に自分が本当にやりたいことができずストレスになっていることにも気づきました。そもそも強いオタク像は十人十色なので、そのすべてに応えることは不可能です。要するに、他人から見た「強い」オタクになることを意識してしまうあまり(しかもそれも中途半端)、本当に自分のやりたいことを見失っていたように思います。

 

3)あくまで他者目線の承認欲求より自己目線での自己肯定感を

Twitterは承認欲求を満たすためのツールでもあると思いますし、僕も承認欲求を満たしたくなる時はあります。ただ、それにあまりに依存しすぎると、本来の自分のやりたいことを見失ってしまうように思います。そこで、「他人から強いオタクだと思われたい」という、あくまで外的なものである承認欲求より、「自分はこれだけ熱を込めてきたから、これに関しては誰にも負けないぞ」といったような内的な、自己目線での自己肯定感を大事にするようになりました。他人目線でどう思われているかは知りませんが、今の自分は昔の自分より、よっぽど自分らしく、芯を持ってオタクが出来ているように思います。

 

4)趣味くらい、自分の好きなようにやろう

Twitterを見ていると、「こういうオタクは信用できない」とか「こういうオタクは伸びない」などといったような意見が散見されますが、それら全てを真に受ける必要はないと思います。その全てに応えていては本来の自分を見失ってしまいますし、場合によってはストレスになる可能性もあります。何より他人から信用されるためにオタクをしているのではありません。(勿論最低限の常識やモラルはわきまえつつ、)自分の趣味くらい、ストレスを溜めずに自分が好きなように楽しむことをお勧めします。

勿論このブログの意見も、必ずしも真に受ける必要はないです。

 

以上です。僕は承認欲求の為にオタクをするのはやめましたが、その分自分のやりたいことに関しては、今まで以上にリソースを割いて頑張っていこうと思っています。こんな駄文ですが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

ココス×アイドルマスター ミリオンライブ!おいしいSHOW TIME 完全攻略

就活とアルバイトで多忙だったため、1か月ブログを放置してしまいました。

今回は現在(2020/2/13)開催中のココスとミリシタのコラボ企画について記事にしていきたいと思います。

 

アイマスPの皆さんの中には、既にココスに行かれた方も多いと思います。その中にはクリアファイルやクッション、専用ボイスの為にポイントを集めている方もいることでしょう。

しかしながら、メニュー1品につき1クリアファイル・1ポイントなので、なかなか1人で集めるのは難しいことでしょう。協力してくれる友人がいれば少しは楽ですが、そうもいかない人も多いかと思います。何も考えずにメニューを頼んでいては、せいぜい1回の来店につき2ptが限界で、それだけでもクッションを獲得するためには最低11回ココスに行かなければなりません。

そこで、今回は「1回の来店で3pt以上集めるためにはどのような注文をしていけば胃袋が耐えられるか」を考えながら、以下でお勧めのメニューや頼み方をまとめていきたいと思います。当然お残しはお店に迷惑がかかるので厳禁です。

 

おすすめキャンペーン対象メニュー

・お疲れ様セット

一番胃袋の負担が軽いと思います。難点はセレクトセットと比べて少し高いことと、これを2つも3つも頼むのは不健康であることですが、セレクトセットのシーザーサラダなどと組み合わせて栄養面でのバランスを取ってあげるとよいでしょう。

・カットサーロインステーキ

美味いです。量はそんなに多くないので2つ頼んで一気にptを稼ぎましょう。

個人的なお勧めはこの2つです。個人的に唐揚げカレーは学食のカレーレベルだと思ったのでお勧めできません。(量が少ないのでポイントを稼ぎたいだけでお金に余裕がある方はどうぞ)

 

セレクトセットで何を選ぶべきか

セレクトセットは他のメニューより安くptが稼げますが、メニューが2つあるので普通のキャンペーン対象メニューよりボリュームが多いので注意してください。

 

Aの選択肢

・シーザーサラダ

ココスコラボメニューでまともな野菜はこれくらいしかありません。基本的にコラボメニューは不健康なのでたくさんメニューを頼む時は正直必須級だと思います。

カリカリポテト

普通に美味くて感動してしまいましたが、Bのメニューが不健康なものしかないのでAでこれを選ぶとデブ化確定します。気を付けましょう。

・厚切りチーズポテト

美味いんですが途中で飽きます。胃袋にも溜まりやすいのでptを稼ぐには不向きです。

 

Bの選択肢

・子豚ちゃんソーセージ

僕はソーセージが食べられないので食べたことがないんですが、かなり辛いらしいです。辛いのが得意な方ならいいんじゃないかと思います。

・アボカドグラタン

Aでポテトを頼んだ方はこれを野菜だと言い張りましょう。ポテトも野菜ですが。

・チーズケーキ、わらびもち、タピオカ

ptを貯める面では正直どれも大差ないので好きなものを選びましょう。僕はドリンクバーを頼まないのでタピオカか抹茶がつくわらびもちをいつも選んでいます。

 

テイクアウトメニュー

最終手段です。通称残業。地味にピザが頼めるという利点もあります。

 

個人的なおすすめの頼み方

(例①)

セレクトセット(カリカリポテト、タピオカ)+サーロインステーキ

セレクトセット(シーザーサラダ、わらびもち)

肉も野菜も甘味も全部楽しめて3pt稼げます。ただ比較的量は多いです。

(例②)

サーロインステーキ+お疲れ様セット+セレクトセット(シーザーサラダ、わらびもち)

お疲れ様セットを挟むことで胃袋の負担を軽減させたバージョンです。ただ、不健康なのはあまり変わりません。

(例③)

セレクトセット(シーザーサラダ、アボカドグラタン)×3

健康面を気にしつつptを稼ぐとなるとこうなります。胃袋の負担はあまりありませんが人によっては純粋に苦行だと思うのでヴィーガン向け。

(例④)

お疲れ様セット×3~5

おさけいっぱいたのしいね ぽいんといっぱいたのしいね

 

以上になります。僕もクッションを手に入れるために孤軍奮闘していますが、まだまだ情報が足りない部分も多いと思っているので、どんどん情報提供していただけると助かります。

家庭科の成績1でも出来るミリぬい服の作り方

こんにちは、はくりんです。

突然ですが、トレーディングぬいぐるみ、可愛いですよね。

f:id:hakurin1213:20200113222440j:image

ところで皆さんは、ミリぬいを飾っていて、別のお洋服を着せてあげたいなと思ったことはありませんか?この記事の読者の中には、作ってみたいけど敷居が高そうだな、自分は裁縫苦手だしなと思っている方もきっと多いことでしょう。

そこで今回は、「裁縫の授業で玉留めと糸通しが自力で出来なかった男」ことこの僕が、裁縫が苦手な方でも簡単に作れるミリぬい服の作り方を伝授しようと思います。(中級者以上の方や裁縫が得意な方にはこの記事は全く参考にならないと思うので、他の方の記事を参考にしてください。)

 

用意するもの

・ミリぬい

言わずもがなですね。

・たちばさみ

布を切るのに使います。昔学校で使ってた裁縫セットがあればその中のハサミで大丈夫です。

・布

気に入ったものであればどんなものでも構いません。100均にも意外と種類があるので、好きなものを使いましょう。

・粘着テープ付きマジックテープ

あると服の着せ替えがしやすくなります。後ろからの見た目は少し悪くなるので気にする人はマジックテープの代わりにボタン等を使いましょう。粘着テープ付きだと縫い付ける手間が省けて便利です。100均に置いてあります。

・布用両面テープ

手縫いと比べて見た目が綺麗なのと楽なのが特徴です。その分小回りが効きづらいのが難点ですが、裁縫が苦手な人にとってこれほど頼もしいものもありません。これも100均にあります。

・布用ボンド

主に装飾等をつけるのに使います。100均のものでも大丈夫ですが、僕は「裁ほう上手」というものを使っています。

・装飾等

必要に応じて。

 

手順

①布を少し大きめに切ってぬいに巻きつける

f:id:hakurin1213:20200113223914j:image

②腕を通す穴をハサミで開け、通す

f:id:hakurin1213:20200113224034j:image

③大体の場所に印をつけてからもう一方の穴を開け、腕を通す

f:id:hakurin1213:20200113224111j:image

④布を巻きつける

f:id:hakurin1213:20200113224215j:image

⑤背中の布にマジックテープをつける(位置がズレないようテープを2つ重ねた状態でもう片端の布をくっつけるのがポイント) その後、余分な布を切り落とす

f:id:hakurin1213:20200113224349j:image

f:id:hakurin1213:20200113224510j:image

⑥服の丈を合わせるように布を切る(もっと前の段階でやってもいいかも)

f:id:hakurin1213:20200113224601j:image

⑦袖用の布を切る(大きめに!)

f:id:hakurin1213:20200113224715j:image

⑧布を腕に巻き付け、両面テープを薄く切ってくっつける

f:id:hakurin1213:20200113224749j:image

⑨もう片腕も同じように袖を作る

f:id:hakurin1213:20200113224944j:image

⑩適宜装飾をつけたり不自然な布を切ったりして完成!

f:id:hakurin1213:20200113225041j:image

 

まとめ

今回は裁縫が苦手な方向けに針を使わず一番簡単な方法で服を作ってみました。作業時間はだいたい20分ほどです。ぬいぐるみの服を作ること自体はそこまで敷居が高くないということを認識していただいた上で、やりたい方は是非やってみてください。ある程度慣れてきたら、ちゃんとした方法でちゃんとしたお洋服を作るのにも挑戦してみましょう。みんなのミリぬいちゃんの写真を楽しみにしています。

ご報告。

みなさん、あけましておめでとうございます。

年々1年が経つのが体感的に早くなってきて、僕自身早くも老いを感じるようになってきました。

今までは比較的自由気ままに生きてきましたが、今年は学生時代最後の年なので、色々目標を立てて生きていくのも悪くないのかなと思い、今年の抱負を決めることにしました。

 

1.就活について

1月2月辺りはのんびり準備して3月くらいから本気出すつもりでいたのですが、有難いことに早期選考のお話を頂いているところがあるので、僕の就活は新年早々から始まります。厳しいですね。

自分で選んだ道とはいえ、文系には門戸の狭い業界で周りに同じようなところで就活する人間が居ないので、いろんな意味で長く苦しい戦いが予想されると思いますが、遅くもミリオン7thまでにはどこかしら内定内々定を出して、就活を終わらせておきたいですね。

 

2.大学について

今学期フル単できれば4年次はゼミ行って卒論書いて終わりだったはずなんですが、僕の怠惰とスケジュールミスのせいで4年次に最低2単位は残りそうなのが虚無ですね。サボりまくってた割に単位は取れてるからそれでも予想よりは少ないんですが。

気分的にはもう1年くらい学生をしていたいのですが、留年すると学費とか色々困りそうなのでとりあえずしっかり単位取って卒論書いて卒業するのが目標です。

 

3.アイドルマスター ミリオンライブ!について

ゲーム内のイベントやガシャについては、担当の天空橋朋花ちゃんが関わるところはしっかりやりたいですね。突発的に就活が降ってきたので1月のツアーが朋花上位でもTPRまでは出来なさそうなのがアレなんですが。

ゲーム内でのイベント以外でも、いろんな形で朋花ちゃんへの愛を発信していきたいと思っています。去年はぬいちゃんの服を作ったり写真を撮ったり、頻繁にスクショを撮ったり担当語りをしたりと色々してきましたが、今年はオンリーワンな朋花Pを目指してもっと守備範囲を広げていきたいなと思っています。具体的には小説とかSSとか書きたいですね。

個人的には同担さんとの交流をもう少し増やしたいなと思っています。去年朋花Pとして色々やってきたお陰か少しずつ繋がりも増えてきた気がしますが、それでも人見知りが祟って中々こちら側からリプを送れなかったりとイマイチな面も否めなかったので、今年はその辺を頑張れればなと思っています。朋花P・天空騎士団・子豚ちゃんの皆さん、僕のことが嫌いでなければどうか仲良くしてください。

 

4.その他オタク活動について

小岩井ことりさんは声優オタクとしての好きという感情は勿論のこと、創作者としても同じオタクとしても尊敬できる人なので、彼女が今年1年どんな世界でどのような活躍をされるのかがとても楽しみですし、それを見届けていきたいなと思っています。

個人的に今年1年はクリエイティブなオタクになりたいなと思っています。ミリぬいの服を作っててぼちぼち考えるようになってきたんですが、やっぱり自分は何かを創作している時が一番幸せを感じられる人間なんだなと思いました。思えば大学1年生の初めの頃、僕はゲームを作ったり小説を書いたりする大学生活を送ろうと思っていました。結局それは僕の怠惰さとミリオンという深い沼に浸かったお陰で実現されませんでしたが、今になってようやく、その時の創作意欲を取り戻せたように思います。絵が下手糞だったりと不安な面も多いですが、同じく苦手意識を持っていた手芸も今では楽しんでやってますし、少なくとも挑戦する価値はありそうだと思っています。

 

5.まとめ

来年は就活や卒論などの大きなイベントも控えていますが、趣味に対しても変わらぬ情熱を捧げていきたいです。オタクとして様々なことに挑戦して、人見知りを克服して色んな人と交流できるような1年にしていきたいですね。

ミリぬいを可愛がってあげよう

先日、ミリぬいの箱がおうちに届きました。

 今までは朋花ちゃんのぬいぐるみ1人だけでしたが、箱が届いたことによってうちのシアターもかなり賑やかになりました。

 ミリぬいの効果ですが、まず何よりも癒されます。バイト先や大学から疲れて帰ってきて、自室に戻ると朋花ちゃんを含めた沢山の可愛いミリぬい達が出迎えてくれるのですから、癒されない訳がありません。今回は、そんなミリぬいの可愛い飾り方について、僕が実践している方法を紹介していこうと思います。

 

①その子の好きなものと一緒に飾ってあげよう

ミリぬいの隣に、その子の好きなものを一緒に飾ってあげるとより癒し度が高まります。僕の場合は担当が朋花なので、子豚ちゃんやイルカのぬいぐるみと一緒に飾っています。Amazon等を見れば1000円前後の手ごろな値段で意外と色々なもののぬいぐるみが売られているのが分かるので、探してみるといいでしょう。

f:id:hakurin1213:20191227202223j:plain

好きなものと一緒だとぬいちゃんも幸せそうに見えますね

f:id:hakurin1213:20191227202320j:plain

マイペースユニットと子豚・ネコ・ウミウシ

 

f:id:hakurin1213:20191227202639j:plain

色々買いたくなって増えすぎた……

 

②市販のケープを着せてみよう!

ぬいぐるみに別の服を着せたくなった時は、まずは市販のケープなどを着せてイメチェンしてみると良いでしょう。Amazonアニメイト等のアニメグッズ専門店にぬいぐるみ用ケープが売っているので、色々試してみましょう。意外とミリぬいの頭のサイズには個体差があるので、個人的にはネットで買うよりは実際に店舗で見て買うことをお勧めします。

f:id:hakurin1213:20191227203231j:plain

うさ朋花ちゃん

f:id:hakurin1213:20191227203955j:plain

ペンギン朋花ちゃん


③お洋服を作ってみよう!

いつも眺めていたり他の人の可愛い衣装を着たミリぬいを見ていると、自分でもお洋服が作ってみたくなるはずです。裁縫が苦手な方や、中学校以来やってないよみたいな方もいるかもしれませんが、僕も裁縫苦手&経験ほぼ無しでヘタクソなりに頑張ってるので心配はいりません。ネット上にあるぬいぐるみの衣装の作り方などを見ながら、初めのうちはゆっくり作っていきましょう。使用する布や手芸道具は、とりあえずは全て100均で売っているもので事足りるでしょう。極論を言えばぬいぐるみに布を巻き付ければ衣装は完成するので、あまり怯える必要もないと思います。

f:id:hakurin1213:20191110021514j:plain

私服風衣装(自作)

 

f:id:hakurin1213:20191227204133j:plain

ポンポンつき和装(自作)

f:id:hakurin1213:20191227204407j:plain

あったかそうな衣装(自作)

f:id:hakurin1213:20191227204052j:plain

サンタ(一部自作)

f:id:hakurin1213:20191227204537j:plain

今年だけでも色々作りました。

 

④まとめ

以上が僕の実践しているミリぬいの可愛がり方になります。

ミリぬいは日々の生活に癒しを与えてくれます。袋に入れたままでもいいですが、せっかくなので可愛く飾ってあげて、このストレス社会を一緒に乗り切っていきましょう。

 

好きな飲み会と嫌いな飲み会の話

皆さん、そろそろ忘年会シーズンですね。僕も近いうちにゼミやサークル、バイト先での忘年会を控えています。

先日21歳になり成人して1年という節目を迎えたこともあってか、「酒との向き合い方」について考えることも増えてきました。今日はその中でも、「飲み会」というものにスポットライトをあてて自分の考えを書いていこうと思います。

 

1)僕のアルコールに対する体質について

 

成人してすぐの頃の僕は、どちらかと言えば「酒に強い側の人間」だと思っていました。実際アルコールパッチテストの結果も問題なく、飲みの場で吐き気を催したり誰かの介抱を必要とすることもお酒を飲めるようになって以来全くありませんでした。今でも客観的に見て、僕自身がそこまでお酒に弱い印象は与えないように思います。

 

1年間酒を飲んできて気づいたのは、自分はどうも酔いがかなり遅れてくる体質だという事です。そのため酒を飲んでもその場ではそこまで酔わないので、気を付けないとついお酒を飲みすぎてしまいます。最近はだいぶ自制するようになってきましたが、顔が赤くなったりと表情には全く出ないので断っても他の人によって飲まされたりします。また、飲みの場でも「酒に酔ってふざけている連中を俯瞰している自分」というのが残ってしまい、なんとなくノリを合わせながらも心の奥底で賢者モードと化しているのが大体です。

 

とはいえ酔いが遅れてくるだけで僕も決して酔わない体質ではなく、飲み会が終わり帰宅したころになってようやく、酒の影響が身体に表れるようになってきます。それは胸や体の痛み、何とも言えない気持ち悪さ、覚醒して眠れなくなることなどの悪影響が中心で、これが翌日以降も響くことが少なくありません。飲み会の記憶も鮮明に残っているので、当時のことを思い出して賢者モードになることも多いです。

 

 

2)「嫌いな飲み会」について

 

以下では僕の嫌いな飲み会をパターン別に分けて紹介します。あくまで僕個人の価値観だという事を念頭に置いて読んでください。

 

1.寒いコールがかかる飲み会

「お酒を楽しむこと」自体より「コールによってゲーム感覚でお酒を無理やり飲ませて潰し合う」に主体を置いている感じがして苦手意識を持ってしまいます。僕自身はその場ではあまり酔わないので、周りとの温度差を感じてしまうのも理由の一つでしょう。あと勝手に限界超えて飲むのもゲロるのも構わないけど、いつも介抱する側の気持ちも考えて欲しいなとは思いますね。

 

2.人間付き合いとしての飲み会

酒が入っても入らなくても苦手な人との付き合いは疲れるし、そのうえ時間もお金も吸われます。同じ虚無に金を使うなら一瞬で終わって可愛いイラストが見れる分まだガシャにお金を使います。

 

3.酒飲める自慢と女の話と意識高い系の話しかしない大学生との飲み会

純粋に話題が合いません。

 

他にもあるとは思いますが、だいたいこの3パターンだと思います。これらの飲み会は可能な限り断るようにはしていますが、この手の飲み会に限って強制参加だったり断りづらかったりするので、結局行ってしまうことが多いのも厳しいところですね。ちなみによく言われる社会人の飲み会はエアプなので語れません。

 

3)「好きな飲み会」について

 

前述のように、基本的に飲み会では上辺だけは楽しんでるように見えても心底虚無っていることが多い僕ですが、好きな飲み会というのもいくつかあります。以下ではそれを紹介します。

 

1)オタクや仲のいい友達との飲み会

分かりやすくお酒が盛り上がりのスパイスとなっているような飲み会です。僕自身もありのままの自分をさらけ出せるので居心地がよく、お酒のあるなしに関わらず楽しいと感じます。

 

2)経費で落ちる飲み会

タダで酒が飲めるのは純粋にアドです。多少の不満には目をつぶれます。

 

3)信頼できる人との少人数での飲み会

大人数の時と違ってそこまでキツいノリになることもなく、少人数で自分のペースでお酒を飲みながら様々なことについて語り合える飲み会は好きです。同期や先輩・後輩などの新たな面を知ることができ、本当の意味で親睦が深まることも多いように感じます。

 

このような有意義な飲み会には僕も積極的に参加しています。飲み会にかかるお金は学生の僕にとっては決して安くないので、その分有意義な時間を過ごしたいものですね。

 

4)まとめ

僕はお酒を飲むこと自体は好きですが、飲み会というものに対しては大きく好き嫌いが分かれています。飲む量に気を付けつつ、好きな飲み会には積極的に参加し、嫌いなものは極力避けていくのが、当たり前ですが飲み会との上手い付き合い方のように思います。

とはいっても、嫌いな飲み会に限って避けられないことが多いのが現実のようにも感じます。嫌いな飲み会でどのように立ち回って虚無を少しでも減らしていくかを考えることが、今後の僕の課題かもしれません。

 

f:id:hakurin1213:20191215220625j:plain

サムネ用画像